FACE OF STAFF

PEOPLE 職種 & 社員紹介

小林 太地

編集職ワンダー編集部

小林 太地

わたしのシゴト

子どもたちが笑顔になれる絵本を!

全国の幼稚園・保育園・子ども園に向けて直販している、”月刊絵本”の企画・編集をメインに担当しています。3歳児を対象にした「ワンダーえほん」と、5歳児対象の「ワンダーランド」の編集業務を主軸に、書店で販売される市販絵本の編集にも携わっています。”月刊絵本”は、保育施設の子どもたちに毎月配本する月刊誌タイプの絵本。保育の基盤となる5領域を踏まえた、学びにも繋がる誌面が大きな特徴となっています。子どもたちが毎日園に通う楽しみの1つになるような絵本を作ることを目標に、日々取り組んでいます。

OFFICE TIME

オフィスのわたし -ある日のスケジュール-

09:30
「ワンダーえほん」次号企画の打ち合わせ・原稿チェック
11:00
作家さん・画家さんと打ち合わせ
13:00
公園撮影のロケハン
17:00
帰社後、デザイナーさんと打ち合わせ
20:00
退社

DAY OFF

オフの日のわたし

多趣味が裏目に……

学生時代から、球技にスポーツ観戦、サーフィン、キックボクシングにジム……と多趣味な毎日を送っています。それぞれの趣味を極めたい!という思いがあるのですが、今は一つひとつに没頭する時間が足りない&追い込めない日々と、多趣味であることがかえって裏目になっている気も……。最近はジムとサーフィン、釣りをメインに楽しんでいますが、そろそろ車も欲しいです。

VOICE

PROFILE

2016年入社。コンテンツマーケティング部にて書店営業を経験した後、ワンダー編集部に配属。休日は趣味の活動に勤しむ他、社内の部活動にも意欲的に取り組むというエネルギッシュっぷり。ジムのベンチプレス記録は、驚異の100キロ!

シゴトとカイシャのここがスキ!

自分の想像力、発想力がそのまま仕事に!

自分の発想力1つで、無限に広がる仕事。それが編集者です。何もないところから1つの誌面を作り上げていく面白さは、編集者ならではの楽しさだと思います。入社して数年が経ちましたが、世界文化社はとにかく「人」に恵まれた素晴らしい環境だと改めて感じています。部署を越えて仲の良いアットホームな雰囲気で、自分のスキルアップにはもちろん、人としても成長できる会社です。

more

topへ