FACE OF STAFF

PEOPLE 職種 & 社員紹介

千葉 由希子

ブランドディレクション職「家庭画報.com」編集長 兼「家庭画報」編集長代行

千葉 由希子

わたしのシゴト

日本で唯一の富裕層のためのWEBサイト編集

「家庭画報.com」は30〜40代の富裕層を読者に持つWEBサイトです。編集メンバーは全員が本誌『家庭画報』出身者なので、そこで培った特別な人脈、確かな情報、息をのむほど美しいビジュアルでオリジナル記事を作成&配信中! もちろん本誌との連動企画も毎月実施。自慢の一例は1名250万円〜の旅行商品、1点60万円のバッグなど高額商品がこのサイトで完売になることです!
(※掲載記事は、2018年3月公開時点の内容です)

OFFICE TIME

オフィスのわたし -ある日のスケジュール-

10:00
出社後、メールチェック
12:00
富裕層インフルエンサー「家庭画報.comメンバーズ」との打ち合わせランチ
14:00
タレント撮影とインタビュー
16:00
インテリアページ、ジュエリーページの連載原稿チェック
17:00
クライアントと動画コンテンツ作成の打ち合わせ

DAY OFF

オフの日のわたし

子供と遊び、犬と遊ぶ休日

2人の子供との時間を最優先させつつ、
セミナーや行きたい場所など気になることも諦めない、
まあまあパワフルな週末です。
最近は歳を重ねたせいか(?)昼寝が幸せだと
感じるようになりました。
この数ヶ月、愛犬をトレーニングするも変化なし。

VOICE

PROFILE

WEBメディア「家庭画報.com」編集長 兼「家庭画報」編集長代行。女性誌の編集や通販カタログの企画制作に携わった後、編集長として新雑誌「ときめき」を創刊。 2017年より「家庭画報.com」編集長、及び「家庭画報」編集長代行を兼任。2人の子どもたちを育てながら、編集長として活躍中!
(※プロフィールは、2018年3月公開時点の内容です)

シゴトとカイシャのここがスキ!

新しい扉を開く会社です

世界文化社では、とにかく「仕事に飽きる」暇がありません。日々、驚くべき人々と出会い勉強。
普通に生きていたら見ることのできないものを見せてもらって仰天! そんな感動やびっくりを一人でも多くの方に伝えていくお仕事です。雑誌など「紙」で鍛えられたコンテンツ作成のノウハウを、今度は「デジタル」の世界に。扉を開けて、垣根を飛び越えて、新しい時代をキャッチして、でも振り返ってみれば、世界文化社で作るものが文化に貢献できることを限りなく幸せなことだと感じています。

more

topへ